They called it POP !!

かんがるうが「POP」だと思うモノをジャンルを問わずに紹介・評論していくという主旨でblogやってます。 気が向いたら、政治問題・環境問題等にも手を染めたいなと(嘘です)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日アップした『王様キングダムショウ』ライブレポの続きです。
王様立ち姿
日本語直訳ロックの第一人者(?)王様のCD、何故か数枚持ってたりして。あの手のノベルティソング物、結構好きなんですよ(笑)。多分、スネークマンショーや大瀧詠一師匠の影響だと思いますが…
確か…「深紫(ディープ・パープル)伝説」「鉛の飛行船(レッド・ツェッペリン)伝説」「転石(ローリング・ストーンズ)伝説」「王様の恩返し~王様の日本語直訳ロック集」の5枚は確実に持っていたと思います。

王様のことを良く知らない方は、下記の王様公式サイトへどうぞ!
王様のROCK’N’ROLL TOWN


オープニングは、何故かエルガーの「威風堂々」が高らかに響き渡るライブ会場に、王様が勇ましいBGMとは程遠い雰囲気でステージ上に登場し、一人ちまちまとセッティングを開始。本日のライヴはステージ上には王様只1人…他のバッキングは全てMDプレーヤーの「タモツ君」が担当(笑)。

王様はさすがにプロですので、写真撮影はNGでした…当たり前か(笑)。と言う訳で、写真が無いのではちょっと寂しいので、アルバムのジャケ写を織り交ぜてのライヴレポと相成りました。

続きを読む
スポンサーサイト
少々時間が経ってしまいましたが…

8月23日土曜日、中野市にあるライヴハウス「パプリックスペースJAM」で開催された『王様キングダムショウ』に行って参りました。

オールスタンディング形式の文字通り「ザ・ライヴ・ハウス」的な場所で行われるライヴに参加するのは久し振りで、長時間立ちっ放しで体(というか左足)が保つかかなり不安でした(笑)。

その上、知り合いが今回出演されたミック山本さんしか(過去に2回しか会ったこと無い、しかも挨拶程度で知り合いなのかは微妙ですが…笑)いないし初めて行くライヴハウスということでさらに不安でした(苦笑)。

会場近くでジョジ丸さんに会ってかなりホッとしたのは言うまでもありません(チキンハートな俺…)。


ミック山本さんの告知によると、今回のライヴは中野市の若者を中心に企画を立ち上げたイヴェントということで、手作り感のあるライヴでした。


私の見たライヴ・メニューは以下の通り

1.Why?シオムスB(メロコア(って言うのか?)スリーピースバンド)
2.ミック山本&WILD HORSES(The Rolling Stonesカヴァーバンド。今回のライヴの為に結成)
3.王様(ご存知、日本語直訳ロック界のカリスマ?)
王様キングダムショウ・ポスター

ライヴの出演予定には「南海フルスウィングズ」というスカバンドがあったはずですが、思いっきり見逃したみたいです(汗)。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。