They called it POP !!

かんがるうが「POP」だと思うモノをジャンルを問わずに紹介・評論していくという主旨でblogやってます。 気が向いたら、政治問題・環境問題等にも手を染めたいなと(嘘です)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月1日(日)の群馬遠征(?)に引き続き、結果的にサンダーバーズさんの追っかけレポとなったこのシリーズも第3回となりました(笑)。
今回は11月3日(火・文化の日、15:00~)、小諸市御影新田にあります「スタジオM」で行なわれた、(ご本人自ら企画した)穴沢ジョージさんのバースディ・ライヴの模様をお送りします。
A.George'sBirthdayGigLeaflet@StudioM091103


ライヴ前といえば…ラーメンです。
この日はお昼前にサンダーバーズのジョジ丸さんと待ち合わせ、上田市材木町にある「junk F.B.I noodle」なるお店に立ち寄り一杯。佐久の名店「麺匠・文蔵」が出店した2号店のようです。
初めて行ったラーメン屋では、そのお店の基本メニューを頼のむのが、ラーメン通というものらしい。その名も「ラーメン」(F.B.Iのオリジナル豚骨醤油らーめん)を頼みました。
F.B.I・ラーメン1 F.B.I・ラーメン2
コシのある極太麺で、所謂二郎インスパイヤ系のラーメンです。私は、麺普通盛り・硬さ普通、スープの濃さ普通、油少なめでオーダー(二郎系中~上級者のジョジ丸さんは…大盛り・カタメ・カラメ・アブラ増)。更に、モヤシ大盛り無料という店員さんの言葉に釣られて、思わずトッピング。 向かい側に見える麺しか見えないどんぶりは、麺と野菜をひっくり返して食べる準備万端のジョジ丸さんのラーメンです。

味は…個人的にはまあまあかな?食べてみる価値あり、と言っておきましょう。
普通盛りにも関わらず、夜勤明けの体には結構ズシリと効きましたよ。


さてと、昼飯も無事に済ませたことだし…


国道18号線を小諸に向かってクルマを走らせて、目的地の「スタジオM」に到着したのは、ほぼ計算通りサンダーバーズさんのリハが始まる14時ちょっと前。
StudioM1
既にリハーサルが始まっており…私はというと、開演まで特にやることもないので、顔見知りとしばし談笑したり、スタジオ内をうろうろ歩き回ったり、リハをボーっと眺めたりして暇つぶし。


そんな訳で、今回のラインナップは…

kira~n(キラーン…スタンダードナンバー中心。スペシャルゲスト:エルビス小林)
The Thunderbirds(説明不要とは思いますが…ビートルズ・トリビュート・バンドです)
Say Gee’s(’60~’80年代の洋楽カヴァーに、オリジナルを交えて)

とまあ、本編のライヴは以上3組でしたが…その後の打ち上げでやった、本編より長いフリーセッションが物凄かった。出演者が多彩過ぎてレポートでは再現不可ですわ…



続きを読む
スポンサーサイト
5月10日(日曜日)小諸市御影新田にある、某企業の敷地内に何故か鎮座するライヴスペース「スタジオM」で行なわれるという表題のライヴ・イヴェントを見る為に、久し振りにクルマで遠出(?)。
今回のライヴは15時開演という、いつも観に行く大人の時間(笑)のライヴではないので、天気が良い初夏のような陽気だし11時半過ぎに自宅を出て地蔵峠経由で上田市に、と独りドライブを楽しみながら、目的のラーメン屋へ(笑)。

前々から気になっていた「スープ研究処 ぶいよん」という、一風変わった名前のお店。外観はというと…これまた、ごくごく普通の民家の玄関に暖簾が掛かっているだけで、玄関で靴を脱いで上がるというかなり変わった感じ。普通の住宅の畳部屋に厨房とカウンター席を数脚分、無理矢理作った感のあるこじんまりとした店内。待合席も6畳程度の畳の部屋に椅子が置いてあるという。正直…戸惑いました。

いただいたのは、「とりそば(基本)」。何でもこのスープ一杯に鶏1羽分以上のエキスが入っているという濃厚&コラーゲンたっぷりな一品。何となく体に良さそうです。
スープの量は丁度麺が浸る程度しかなく、麺の茹で加減もアルデンテ(?)でスープパスタみたいな感覚でした(茹で加減の指定は出来ません)。スープの味もラーメンスープというよりは、チャウダーに近い感じと言ったら分かってもらえるかな?お品書きに書いてありましたが、この店はラーメンではなくてあくまでも「とりそば」という新しい麺料理を提供しているんだそうで…う~~~む。
メニューはその他に、「とりそば(基本)」に魚介系のスープを加えたもの、辛味噌で味付けしたもの、つけめん等があるようです。
とりそば(基本)
美味しく頂きました(笑)。次は、別のメニューに挑戦したいと思います。



そんな訳で…途中上田バイパス沿いの眼鏡屋さんに冷やかしで寄ったり、コンビニの駐車場でまったりしながら、(本来の?)目的地「スタジオM」まで高速を使わずにのんびりと走り、14時過ぎに到着。
StudioM Entrance
結構年季の入ったスタジオMの入口に軽くビビリながらも、知った顔を何人か発見しホッと一息…
外観の割に(笑)スタジオ内は小奇麗な感じで、内装も防音材をしっかり使ってあったり、大きく分厚い扉だったり…っと、いかにも「スタジオ」という感じ。


本日のラインナップは以下の通り。イヴェント企画者の一人である、穴沢ジョージさんの名文をコピペしてみました。

M’s Rock & Pop Festival (Come Together Now Vol.1)
日曜の午後、60・70年代のロック&ポップスを楽しむんだぞう~~
【出演】
1.Venus (美女4人と自称美男子3人でオールディーズナンバーを!デビューライブだ!)
2.座敷童子 (ざしきわらし。ジョナサンとポーリのビートルズデュオ。長野では有名な二人だ)
3.The Satomic Hao Band (ピアノと女性voでスタンダードナンバーを!大人のポップスだ)
4.Selpap Brothers (セルパップ・ブラザーズ。NHKやTSBで話題になったあの中小零細企業応援バンド)
5.tea (ご存知一人クイーンのteaさん!You Tubeでしか知らない人も、生で聴けるよ~)



続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。