They called it POP !!

かんがるうが「POP」だと思うモノをジャンルを問わずに紹介・評論していくという主旨でblogやってます。 気が向いたら、政治問題・環境問題等にも手を染めたいなと(嘘です)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長野市民会館の閉館に伴い開催された、2月9日~2月12日の4日間に及ぶライヴ・イヴェント「GET INVVOLVED」の、「ひとりQueen」ことteaさんコーナー(笑)。
Mr. tea1

USTREAMでライヴ中継していたのですが…映像がいまいち読み込みが遅いので(笑)、You Tubeに公開されていた、「公式」映像でご覧下さい。

やはりホールのせいか、ライヴハウスより音の抜けが全然違う…気がしました。

2月10日(木)
We Will Rock You / We Are The Champions
http://www.youtube.com/watch?v=hFaLZC-BIm4

I Was Born To Love You
http://www.youtube.com/watch?v=sawt7Rx7kAA


そして…上記の2月10日に引き続き、昨日またまた登場「ひとりQueen」のteaさん。

2月12日(土)
Somebody To Love / We Will Rock You
http://www.youtube.com/watch?v=yQi6aIxuXVc

My Favorite Things(私のお気に入り)
http://www.youtube.com/watch?v=7pIS2s0MpM8

Bohemian Rhapsody
http://www.youtube.com/watch?v=J9oCTD0GPrI


出来れば、フルボリュームでお楽しみください(笑)。
スポンサーサイト
あれからもう一年ですか…時の経つのは実に早いですねぇ。

AppleNight2009@TheBrightGarden2009

という訳で、今回は12月5日土曜日松本市内にあります結婚式場レセプションハウス・ザ・ブライトガーデンで開催された、年に一度のビートルズ・トリビュート・ライヴ・イヴェント「Apple Night(アップル・ナイト)」の模様をお送りいたします。

12月の初旬といえば、8日はジョンレノンの命日ということで追悼の意味を込められているのは、言うまでもありません。ここブライトガーデンでの開催は、今回が2回目。それまでは松本市の今は無き駅前の某ライヴハウス、一昨年はボトムダラーと場所を変えつつ、主催者の1人であるkazuoguさんのブログによると14回目(前回11回目と銘打ってましたが、間違っていたということでしょうか?…笑)という歴史あるライヴ・イヴェントだそうです。

AppleNight2009Poster@TheBrightGarden20091205

今年のラインナップは、出演順に…
バブ&イケちゃんSP(ギターデュオ、バブ&イケちゃんにベースとドラムスを迎えたスペシャルバンド)
Babu&IkechanSP8@AppleNight091205
Wing Spam(あのteaさんがメインボーカル担当、8人編成の本格派ウイングス・トリビュート・バンド)
WingSpam2@AppleNight091205
tab(アコギ×2+ウッドベースというトリオ編成)
tab1@AppleNight091205
ビールと酢(木鋪さん率いる五人編成のコミックバンド(笑)。でも…バンドメンバーの腕は確かです)
ビールと酢1@AppleNight091205
ザ S.P.B.(山形村のエレクトリックギター4人(!)という7人編成バンド)
TheS.P.B.1@AppleNight091205



私は、というと…

昨年は渋滞に巻き込まれ、ライヴのオープニングに20~30分ほど遅れての到着という苦い経験がありまして。同じ轍は二度と踏むまいと今年は思っていたのですが…

夜勤明けで、午後3時前後までがっつり爆睡してしまい、出かける準備等諸々していたら、自宅のある長野市出発が4時過ぎ。高速で松本インターを降りた時点では「おっ!余裕じゃん!」と思っていたら…

また渋滞に巻き込まれ(笑)、会場に到着したのは開演時間の午後6時を5分以上過ぎていたという。松本市街地の渋滞侮り難し!ですな。

まあ…ノブさんが最前列に席を確保していてくれていたし(ありがとうございました!)、トップバッターのバブ&イケちゃんSPの演奏開始前までには間に合ったし、上出来でしょう。

席に着き…まずは、オープニングでご挨拶中、司会進行(「ビールと酢」のメンバーでもある)木鋪さん&UJ(ユウジ)さんの勇姿を一枚パチリ。
OpeningMC@AppleNight091205



続きを読む
表題のライヴ・イヴェントが群馬県桐生市で開催されるということで、11月1日朝9時半ごろ長野市を出立しました。

午後4時開演という事なので、出るのは昼前後でも良かったのですが、ちょっと寄りたいラーメン屋(笑)が高崎市吉井町にありまして、折角だから昼食の時間に到着するようにと少し早めに…

そのラーメン屋っていうのが、以前は土日夜は居酒屋・平日は予約客のみを対象にした自家製有機野菜等、地物に拘った旬の食材を主に使用した料理屋「自給屋」を営んでいたお店で、何を思ったかコンセプトはそのままにラーメン屋に数年前リニューアルした、自称「作農料理人」の店主(友人です…笑)がやってます。
自給屋外観1 自給屋外観2 自給屋お品書き
名前もそのまま「自給屋」を引き継ぎ、「油控えめ 子供からお年寄りまで美味しく食べられるラーメンです」を謳い文句に、あっさり系のラーメン各種を出しています(詳しくはこちらのブログをどうぞ)。

上信越自動車道吉井インターからクルマで数分。

周囲は以前料理屋だった時に1回訪れた時と変わらず田畑に囲まれた里山の麓という感じの、のどかなところ。

開店30分ほど前(開店時間は11:30)に到着。

さすがに行列までは出来ていませんでしたが開店時間になると、どこからかお客さんが湧いてきて、いつの間にか店内はほぼ満席状態。
あわてて、店頭で食券を買い入店。この日、食したのは塩チャーシューの大盛り。
自給屋塩チャーシュー大盛1 自給屋塩チャーシュー大盛2
正直、う…美味いス。今流行の醤油豚骨のガツン系とは対極のラーメン。あっさり好きの人には、これぞ求めていたラーメン…と思うかも知れません(笑)。

後から後から、切れ目無くお客さんが訪れるので(結構人気があるようです…ちょっと安心しました…笑)あまり長居をするのも悪いと思い、友人の店主と再会を約してお店をあとにしました。



吉井街道~国道17号線~国道50号線と、高崎市から前橋市を経由。

途中、夜ビートルズセッションが行なわれるという、前橋駅からほど近い市街地にあるライヴハウス「リバイバル」の場所を確認しつつのんびりとドライブ。

それでも午後2時過ぎには、目的地の桐生市に到着。


実は…ライヴ鑑賞の為に県外に出張ったのは、前回がいつだったか覚えていないほどかなり久し振りだったりして(笑)。

交通費だったり、仕事の都合だったりでちょっと躊躇してしまうんですよね、県外遠征(?)は。

只の出不精なだけなんですが…(汗)。

今回は、サンダーバーズさんとリヴァプールスさんが出演するということで、ちょっと重い腰を上げてみました(笑)。




前置きが長くなりましたが…
今回は、11月1日(日)午後4時~、群馬県は桐生市の市民文化会館で開催されたイヴェント、ビートルズフェスタ2009「第8回ビートルズコピーバンドライブ」のライヴレポをお送りします。
桐生市市民文化会館外観
↑ 何となく、スタートレックに出て来るエンタープライズ号(宇宙船)に似ている気が(笑)。近未来的なデザインの外観。内装もまだ新しい感じでとても綺麗でした。
ステージ全景

桐生市市民文化会館(小ホール客席)

今回は、「ジョージ・ハリソンを讃える」をテーマに、各出演バンドごとに必ず2~3曲ジョージのボーカル曲を演奏するという課題でのライヴでした。

出演は以下の6バンドです(出演順)。
座・Eatles(足利)
The Thunderbirds(長野県代表!)
The Liverpools(安中)
りょうちゃんバンド(埼玉・前橋?)
TheDatleas(館林)
Plastic Lonely Hearts Club Band(桐生)
TheBeatlesFesta091101Leaflet



続きを読む
9月22日火曜日…シルバーウィークの真っ只中、長野県松本市に全国各地からビートルズファンが大結集(ってほど人数は多くないか…笑)。

で…何が行なわれたかというと、神戸在住のFujiyanさんが主催する全国行脚企画「ビートルズカラオケ大会」と、松本市ボトムダラーにて月例で行なわれているteaさん&りっちぃさん夫妻が主催するビートルズナイト「Fool on the Bottom Dollar」の合同企画が開催された訳ですよ。
なんでも4ヶ月前(構想は8ヶ月前?)から計画は進められていたらしく、それはもう両者の思い入れたっぷりのイヴェントだったようです。

イヴェントは、昼の部:ビートルズカラオケ大会、夜の部:Fool on the Bottom Dollarという2部構成。
カラオケ大会終了後は、ボトムダラーに移動。長野県が誇るビートルズバンド・サンダーバーズの演奏、六本木アビーロードに出演しているファイアーグロウズのメンバーでもあるDaishi&Masakiのアコースティックデュオライヴ。
更に、今回の目玉企画、サンダーバーズ全面バックアップによる、カラオケ大会参加者を中心に生オケでビートルを、という楽しいセッション…という、とても贅沢な1日でした!


まずは、その昼の部・カラオケ大会の模様をお送りいたします。開催場所は松本市平田駅近くのカラオケハウス「コート・ダ・ジュール」。時間は12:30~17:45の、なんと5時間超え…アホです、私も含めて(笑)。

カラオケ大会の参加者は長野、神奈川、埼玉、東京、千葉、兵庫から集まった、いずれも筋金入りのビートルズマニア15名。「楽器が弾けなくたって…ビートルズが歌いたいんだ~~~!!!」というFujiyanさんの開催主旨には、かんがるう個人いたく共感いたします(笑)。



続きを読む
前回の「年間演奏回数ランキング」の番外編です。

現在CDで発売されている、英国盤オリジナルアルバムごとに分けて整理してみました。



ところでビートルズのCDといえば…
今年9月9日、遂に全作品デジタルリマスター盤が発売されるそうですね。公式サイトの情報によると、モノ&ステレオ盤両方が出るとか。更にアナログ盤も併せて復刻…

CDはステレオ&モノのボックス・セットを両方買ったら「7万円弱」だそうです(当初「5万円弱」と記載しましたが、試算し直したら…間違ってました…汗)。今から貯金するしかないですね…定額給付金は温存する方向で(笑)。

RemasterCD



続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。