They called it POP !!

かんがるうが「POP」だと思うモノをジャンルを問わずに紹介・評論していくという主旨でblogやってます。 気が向いたら、政治問題・環境問題等にも手を染めたいなと(嘘です)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまには本の紹介を・・・
ケン・グリムウッドの『リプレイ』です。
リプレイ

リフレインプレイヤー(この小説中では「リプレイヤー」と主人公は自ら名付けています) :
過去を何度も繰り返してしまう人のこと。転じて一定時間内を何度も体験している人のこと。当初はSF上の概念であったが、タイムマシンによる物理的時間移動に対して発案された理論である「精神的時間移動」に該当するものである。物理的な時間移動は難しいが精神的範疇にとどまるならば実行は可能であるといわれ、肉体という物理的存在から精神体という精神的存在を遊離させ、それを過去の時間空間に移動させることで可能であるとされている(ウィキペディア・フリー百科事典より引用・・・したものを若干アレンジ(^^;)。

この小説は、まさに上記のような状態に自分の意思に反して陥ってしまった43歳のラジオ局ディレクター、ジェフ・ウィンストンの物語です。

誰もが「もう一度人生をやり直せたら・・・」と思ったことはあるんじゃないでしょうか?
しかし・・・果たしてそれは本当に幸せなことなのか?
この小説はそんな「人間究極の望み」に疑問を投げかけている問題作です。
自分の意思に反して否応なしに人生のある一定の期間を過去(未来?)の記憶を持ったまま、何度も「リプレイ」してしまう主人公の苦悩と絶望・・・そして希望。
「今を生きる事の意味」を切実に考えさせられる物語でした・・・私にとっては(笑)。

それにしても・・・・月並みな感想文だな・・・
続きを読む
スポンサーサイト
THE RIVER IN REVERSE

ELVIS COSTELLO & ALLEN TOUSSAINT 『THE RIVER IN REVERSE』(’06)

ヤバ・・・もう三ヶ月以上も更新してなかった(苦笑)。
という訳で、困った時のCDレビュー!

知る人ぞ知る、と言いますかいっぱしの音楽マニアなら必ず知っている筈の、ワーカーホリック・ミュージシャン:エルヴィス・コステロの新作です(と言っても発売されて既に2ヶ月経過していますが・・・)。

この作品は、謳い文句に「ニューオリンズよ蘇れ!」とあるように、過日ハリケーンに襲われ、未だその痛手から完全に回復しているとは言えない音楽の都(?)ニューオリンズにエールを送るべく製作されたもののようです。

目玉は何と言っても、あのエルヴィス・コステロがアメリカ音楽界の重鎮の一人でもあるアラン・トゥーサン(アランのお父さんという意味にあらず・・・当たり前だが)、とがっぷり四つに組んで一つの作品を造り上げた点です。
といっても、私はこのアラン・トゥーサンという人、名前こそ微かに聞いた記憶がありますが、ついぞ意識的には見聞した事がありませんでした。どうやら渋めの音楽マニアの間では神様のような偉大な存在らしいです・・・

最近のエルヴィス・コステロと言えばボーカリストとして益々円熟味が増し、ジャズ畑やクラシック畑の方々との共演が増える傾向にあります。ここ何作かはえらく渋い作品が連続してリリースされています(勿論、ロック風味濃厚な作品もちゃんと発表していますが)。
「アングリー・ヤングマン」とまで異名を取ったロッカーとしての彼は既に今は昔・・・きっと昔からのファンの中には物足りなさと寂しさを味わっている人もいるのでははないでしょうか?
尤も、エルビス・コステロは初期の頃からその音楽に対する造詣の深さはとみに有名な人でしたので、最近の傾向はある意味当然の帰結なのかも知れませんね。寧ろコステロ本人にとっては自分の音楽的文脈からは全く逸れていないのだと思います。

という訳で・・・何も言わずに聞いてみて下さい、この作品。クオリティーの高さは保証いたします(って私が保証する筋合いでもありませんが)。

以上、かんがるうでした!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。