They called it POP !!

かんがるうが「POP」だと思うモノをジャンルを問わずに紹介・評論していくという主旨でblogやってます。 気が向いたら、政治問題・環境問題等にも手を染めたいなと(嘘です)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手抜き更新(苦笑)。某Cafe Bohemiaからの転載です。
http://cafe.moto.co.jp/index.php3?mode=keyword&id=22019

人気コミックのドラマ化ということでご存知の方、視聴されている方は多いと思いますが・・・天才&変態な落ちこぼれピアニスト野田恵(通称・のだめ)と指揮者志望の「俺様」な音楽エリート・千秋真一を中心に繰り広げられる音大生達の所謂、青春群像ドラマ(なんか違う気もするが)。

この手のドラマは原作ファンから不評であったりするものだが、このドラマは概ね好評らしい。
私は第1話を見るとは無しに見ていたら、あまりにも面白かったので、原作の既刊16巻を大人買いしてしまいました。コミックス本なんてもう20年近く手にすら取らなくなっていたのに、である。いわんや少女マンガをや(笑)。

さてドラマであるが、「のだめ」こと野田恵を演じている上野樹里の思い切りの良い演技が実に小気味良い。原作の変態ピアニスト「のだめ」を更にパワーアップした感じで、この人この先の女優生活大丈夫なのか?とつい心配してしまうほどのはじけっぷりである。
もう一人の主役・千秋真一を演じている玉木宏もなかなかいい雰囲気を出しています。そもそもこのドラマ、他のキャストの殆どもまるで原作の世界から抜け出してきたようにイメージがぴったり重なります(竹中直人の付け鼻&カツラ装着のニセ外人は置いといて・・・)。
漫画原作のドラマでこれほど忠実に再現したものは、いまだかつてなかったかも知れない・・・らしいです(笑)。

ドラマの方も終盤。残すところあと3話だけど、原作の9巻(日本編)までで終了だから、ドラマ的に完結させるために若干内容を変えてくると思う。どういうオチにするのか今から楽しみだったりする。

http://wwwz.fujitv.co.jp/nodame/index2.html
続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。