FC2ブログ

They called it POP !!

かんがるうが「POP」だと思うモノをジャンルを問わずに紹介・評論していくという主旨でblogやってます。 気が向いたら、政治問題・環境問題等にも手を染めたいなと(嘘です)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日アップした『王様キングダムショウ』ライブレポの続きです。
王様立ち姿
日本語直訳ロックの第一人者(?)王様のCD、何故か数枚持ってたりして。あの手のノベルティソング物、結構好きなんですよ(笑)。多分、スネークマンショーや大瀧詠一師匠の影響だと思いますが…
確か…「深紫(ディープ・パープル)伝説」「鉛の飛行船(レッド・ツェッペリン)伝説」「転石(ローリング・ストーンズ)伝説」「王様の恩返し~王様の日本語直訳ロック集」の5枚は確実に持っていたと思います。

王様のことを良く知らない方は、下記の王様公式サイトへどうぞ!
王様のROCK’N’ROLL TOWN


オープニングは、何故かエルガーの「威風堂々」が高らかに響き渡るライブ会場に、王様が勇ましいBGMとは程遠い雰囲気でステージ上に登場し、一人ちまちまとセッティングを開始。本日のライヴはステージ上には王様只1人…他のバッキングは全てMDプレーヤーの「タモツ君」が担当(笑)。

王様はさすがにプロですので、写真撮影はNGでした…当たり前か(笑)。と言う訳で、写真が無いのではちょっと寂しいので、アルバムのジャケ写を織り交ぜてのライヴレポと相成りました。

リッチー・ブラックモアズ・レインボウ…私はその辺全然詳しくないんですよ。
虹伝説
1曲目は、「オーバー・ザ・レインボウ」から始まる、アルバム『虹(レインボウ)伝説・透六王』から「王将を取れ(Kill the King)」「降参だ~(I Surrender)」等を含むメドレー曲。


以下順不同で、私が思い出した順番でライヴの内容を紹介したいと思います。

確か、次はオーディエンスのリクエストに答えて、レッド・ツェッペリンの触りだけというコーナーをやった…気がします(笑)。
鉛の飛行船伝説
「天国の階段」「「アキレス最後の戦い」等数曲のギターのフレーズやリフの美味しいところだけちょこっと弾くという…

その後、ビートルズ、キッス、クラプトン、ヘビメタ等を数曲ずつ演奏。

ビートルズに関してはレノン&マッカートニー名義の曲は、歌詞改変による音源化(CD化)まかりならんということで、カバー曲オンリーの『カブトムシ外伝』というアルバムを出したそうです。
カブトムシ外伝
でもライヴではOKということで、「きのう」「助けて!」「なるがままにしておきなさい」の3曲(笑)。
「ドント・レット・ミー・ダウン~あんたのバラード」「ハロー・グッドバイ~心の旅」という反則技で笑いを取りつつ、コーナーの最後にアルバム『カブムシ外伝』より、「ひねってワオ!(Twist & Shout)」。歌詞が爆笑ものでした。「腰振り赤ちゃん(Shake it up baby)…ひねってワオ!(Twist & Shout)…おいで赤ちゃん(Come on Baby)」て…

キッスはアルバム『接吻(キッス)伝説』より、「踊るデトロイト(Detroit Rock City)」の1曲。
接吻伝説

あの有名な懐かしいギターフレーズに鳥肌立ちました。

エリック・クラプトン関連ではアルバム『いとしのオイラ~しろあんこ(クリーム)伝説』より、「十字路(Cross Road)」の1曲。
いとしのオイラ~しろあんこ伝説

次は多分…ヘビメタ、ハードロックの名曲を集めたという、最新アルバム『鋼鉄伝説・金の巻』より数曲。アルバム自体はおまけに付けたDVDの内容、(エディ・ヴァンヘイレンのライトハンド奏法を解説する部分で使用したPVっぽい映像…シンクロ権と言うんだそうです)に問題があったということで、発売後3週間で回収・廃盤になったそうです(苦笑)。
鋼鉄伝説・金の巻王様新聞No.163
とにかく、80年代のヘビメタ曲収録したいのがあったんだけどなかなか許可が下りなかったということでアルバム製作はかなり難航したようです。
という訳で上記アルバムからは、ブラックサバス「脳天爆発男(Paranoid)」、ヴァンヘイレン「大噴火(Eruption)」「首ったけ(You Really Got Me)」等を披露してくれました。



この前後で確か…ジミ・ヘンドリックスの「狐っぽい女(Foxy Lady)」とツェッペリンの「ゆらゆらとぐるぐる(Rock And Roll)」もやったような気がします。




そして、(アンコール2曲とセッション2曲があるという王様本人の予告付きの)ラストナンバー「深紫(ディープ・パープル)伝説・日本語直訳メドレー(高速道路の星/速さの王様/燃えろ/湖上の煙/俺の彼女は東京出身/変わった感じの女/黒い夜/宇宙のトラック野郎…のダイジェスト版。数曲抜けてたと記憶しています)」。あの、王様の存在を世に知らしめた名曲で一旦締め(笑)。
深紫伝説

オーディエンスの熱狂的なアンコールの声援に答え再びステージに登場(実際には…その場にうずくまっていただけですが…)。
アンコール1曲目はジョンレノンの「想像してごらん」(これはもう…説明不要ですね)。
想像してごらん
アンコール2曲目は前述の『鋼鉄伝説』に許可が下りなくて収録できなかったという、ヴァンへイレンの超有名曲「ぴょん!(Jump !)」。オーディエンス全員で王様の「ぴょん!」の掛け声に合わてジャンプしまくりました(笑)。

短いブレイク&セッテイングを挟んで、王様とオープニングアクトのバンドより選抜されたメンバーによるセッション。ツェッペリン「移民の歌( Immigrant Song )」、ストーンズ「居酒屋の女(Honky Tonk Women)」の2曲。
転石伝説
ブラスセクションも加わってのセッションだったので物凄い迫力でございました!

王様は素晴らしいエンターテナーですね。曲間のMCは大爆笑の渦、演奏中はその超絶ギターテクでオーディエンスを陶酔させる、と最高のステージでした。










そして、大興奮の中ライヴは全て終了、王様はそそくさと会場入口に向かい営業活動。「鋼鉄伝説・金の巻」の在庫処分のため、サイン会にいそしむのでした…
スポンサーサイト
コメント
みこりんさんへ

毎度コメントありがとうございます!

少々お歳を召したようですが(深紫伝説発売からもう、18年ですからねぇ…)、王様の声はご健在でしたよ(笑)。

王様も、王妃様や王子様・王女様をお養いになっているので、地方ご巡幸は精力的にこなされているようです(笑)。そのうち、またお近くにおいでになるかも知れませんので、その時はお見逃しなく!
2008/09/07(日) 08:38:48 | URL | かんがるう #3mus0lWM[ 編集]
きつねっぽ~い
あはは今回も、楽しく読んじゃいました 王様の歌声は健在でしたか?いつかナマ王様みてみたいなぁ~(笑)
2008/09/06(土) 00:38:27 | URL | みこりん #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://midnightkangaroojr.blog15.fc2.com/tb.php/39-aa03863b
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。