They called it POP !!

かんがるうが「POP」だと思うモノをジャンルを問わずに紹介・評論していくという主旨でblogやってます。 気が向いたら、政治問題・環境問題等にも手を染めたいなと(嘘です)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引き続き、後編・夜の部です。

カエルブルウ入口

そもそも、今回のコラボ企画は昨年9月22日(土)に松本市で行われた、Fujiyanさん主催で関西を拠点にほぼ毎月開催されている「週末はBeatlesになるカラオケ大会」と、松本ボトムダラー(現在は白馬村に移転)で行われていた、tea&りっちぃご夫妻主催の「フールオン!」という同じく月例のビートルズナイトが共同企画で開催したイヴェントに端を発したものであります。

現在「フールオン!」は、ボトムダラーの一時休業→白馬村移転に伴い、昨年9月のBeaカラとのコラボ企画を最後に無期限の休眠期間に入っています。

しかし、昨年The Thunderbirdsがバックを務めた、生オケ企画に味をしめた(笑)Fujiyanさんを筆頭とする、Beaカラ参加者がそんなことで諦めるはずがありません。
そう今回は、現在ではおそらく長野県内で唯一定期的に上田市カエルブルウで行われている、月例ビートルズナイト「カエルBEAT!」に白羽の矢を立てたのです(笑)。
しかも、偶然にも「カエルBEAT!」のホストバンドは前述のThe Thunderbirds(笑)。これはもう、やるしかないでしょう。


というような経緯(といっても、一部憶測あるいは脚色も含まれてますw)で、今年も無事開催されることになりましたカラオケ&生オケでビートルズを歌っちゃおう企画。今回は昼の部Beaカラ大会に引き続き行われた、「カエルBEAT!」のスペシャルヴァージョンの模様をお送りします。



まずトップは、teaさんソロステージ。
関西・関東方面からわざわざ来てくれるということで、今回は新ネタを仕込んでこの日のライヴに備えていたそうです。
ポールとジョンが出会った時のエピソードを語りながら、その頃彼らが夢中になりライヴで演奏していたブラックミュージックやロックンロールスタンダードを、アコギで弾き語りという趣向。
20100918190531.jpg 20100918190826.jpg
1.Come Go with Me[Clarence Quick, The Del-Vikings, 1956]
2.Twenty Flight Rock[Eddie Cochran-Ned Fairchild, Eddie Cochran, 1957]
3.Be-Bop A Lula[Gene Vincent-Donald Graves or Bill "Sheriff Tex" Davis, Gene Vincent and His Blue Caps, 1956]
20100918191332.jpg 20100918191935.jpg
4.Tutti Frutti[Richard Penniman-Dorothy LaBostrie, Little Richard, 1955]
5.Long Tall Sally(のっぽのサリー)[Enotris Johnson-Robert Blackwell-Richard Penniman, Little Richard, 1956]
※[ ]内は、[作者(作詞作曲),オリジナル・ヴァージョンの歌手・演奏者等,発売年]です。


お次は、諸般の事情により(笑)出演順が繰り上がって、ホストバンド「The Thunderbirds」1st Stageです。
メンバーはお馴染み、穴沢ジョージさん(Dr.リンゴ役)、「城男」こと永さん(E.B.ポール役)、ジョジ丸さん(L.G.ジョージ役)、タエピーさん(Kb.Perc.Harmonica)、バンドリーダー・ジョナサンさん(R.G.ジョン)。
サンダーバーズ1-1 サンダーバーズ1-2
1.It Won't Be Long
2.You've Really Got A Hold On Me[Smokey Robinson, The Miracles, 1962]
サンダーバーズ1-3 サンダーバーズ1-4
3.I Need You
穴沢さんボーカルで1曲っす。
4.I Wanna Be Your Man(彼氏になりたい)
サンダーバーズ1-5 サンダーバーズ1-6
5.Tell Me Why
6.And I Love Her
サンダーバーズ1-7 サンダーバーズ1-8
7.The Night Before
サンダーバーズ1-9 サンダーバーズ1-10


三番手は、「城男パーソンプロジェクト・ポール・チーム(略してSPPPT)」です。
メンバーはリーダー城男さん(E.G.&cho.)、りっちぃさん(Ds.&cho.)、ナベじゅんさん(E.G.&cho.)、高枝切りバサミさん(E.B.)、ヒロkiさん(Kb.&Sax.)。そして…リードボーカルはmagpieさん。
SPPPT1 SPPPT2 SPPPT3
1.Figure Of Eight[from Paul McCartney's 1989 album, Flowers in the Dirt]
SPPPT4 SPPPT5 SPPPT6
2.Stranglehold[from Paul McCartney's 1986 album, Press To Play]
SPPPT7 SPPPT8 SPPPT9
3.Young Boy[from Paul McCartney's 1997 album, Flaming Pie]
SPPPT10 SPPPT11 SPPPT12
4.Helen Wheels[Paul McCartney & Wings, 1973 single]
SPPPT14 SPPPT15 SPPPT16

ここからはBeaカラメンバーが加わっての、生オケ・ポールコーナー!
SPPPTメンバーはそのままステージ上に居残りです。
まずは、Fujiyanさん&Magpieさんボーカルで。
5.Junior's Farm[Paul McCartney & Wings, 1974 single]
SPPPT13 SPPPT18 SPPPT19
ヘルマンさんリードボーカルで、昨年ボトムでのリベンジということです(笑)。
6.Daytime Nightime Suffering[from Paul McCartney & Wings 1979 album, Back To The Egg(Bonus Track), B-side to the 1979 single "Goodnight Tonight"]
SPPPT21 SPPPT20 SPPPT22
Fujiyanさんリードボーカルで、ウイングスでは「デニー・レイン」(←ここ強調ね)ボーカル曲。マニアックにもほどがある(笑)。
7.Spirits of Ancient Egypt(遙か昔のエジプト精神)[from Paul McCartney & Wings 1975 album, Venus and Mars]
SPPPT23

お次は、サンダーバーズさん主体のバックバンドで、引き続き生オケ・ビートルズコーナー!ベース担当は主にポーリさん、ドラムス担当はリヴァプールスのリンゴ追分さん。
まずは、Beaカラのアイドル(笑)honeyさんメインボーカル、まっか浅野さんコーラスのこの曲から。
1.All My Loving
サンダーバーズfeat.生オケ1 サンダーバーズfeat.生オケ2 サンダーバーズfeat.生オケ3
続いてのぼるんるんさんのボーカルで、アンソロジー・1収録の(英国オリジナルアルバム・シングルでは)未発表なマニアック過ぎる1曲。
一応、解説させていただきますと…
ビートルズがアルバム「フォー・セール」の為にレコーディングしたものの…何故か収録されなかった1曲。
同じカバー曲の「Mr. Moonlight」入れるんなら、こっちのが良かったんじゃ?とか言う人も居るくらいアンソロジーに収録されているテイクは、なかなか良い出来です(笑)。
2.Leave My Kitten Alone[Little Willie John-James 'Jay' McDougal-Titus Turner, Little Willie John, 1959]
サンダーバーズFeat.生オケ4 サンダーバーズfeat.生オケ5 サンダーバーズfeat.生オケ6
生オケ・ラストは、Fujiyanさん&ヘルマンさんデュオで。アルバム収録の台詞まで完全再現です!アコギでteaさんが飛び入り参加。
3.Two Of Us
サンダーバーズfeat.生オケ7 サンダーバーズfeat.生オケ8 サンダーバーズfeat.生オケ9


お次は、皆さんお持ちかね「けんけんエキサイティング・バンド」。
ここ一年のうちに、カエルBEAT!ですっかり定着したギターヒーロー、けんけんさんの登場です!
ビートルズナンバーをヘヴィメタアレンジで毎回ガツンとやってくれます。
メンバーは、ツッチーさん(Ds.)、ポーリさん(E.B.)、ナベじゅんさん(R.G.)、そして…バンドリーダーは、けんけんさん(L.G.)。ゲストボーカルにteaさんを迎えてのステージです。
けんけんエキサイティングバンド1 けんけんエキサイティングバンド2 けんけんエキサイティングバンド3
1.Back In The U.S.S.R
けんけんエキサイティングバンド4 けんけんエキサイティングバンド5 けんけんエキサイティングバンド6
2.Yer Blues
けんけんエキサイティングバンド7 けんけんエキサイティングバンド8 けんけんエキサイティングバンド9
3.Helter Skelter
けんけんエキサイティングバンド10 けんけんエキサイティングバンド11


セッションタイムです。
まずは、まっか浅野さんのベース&ボーカルをフューチャーして3曲。ギターはジョナサンさん&ナベじゅんさん。ドラムスはリンゴ追分さん(以降、リンゴ追分さんはセッションタイムの間中、ドラムセットの前に座りっぱなしでした。お疲れさまでした…汗)。
Session1 Session2
1.Day Tripper
2.Don't Let Me Down
3.Get Back
Session3 Session4

The Red Kangaroosの元ボーカル、かんがるうさん(笑)をフューチャーして1曲。穴沢ジョージさんがカズーという飛び道具(笑)を携えてサポート。キーボードは城男さん、ベースはポーリさん(元・赤かんメンバー)。
Session9 Session10 Session11
4.For No One
Session14 Session15 Session16

穴沢ジョージさんの仕切りで2曲。
5.It's Only Love
Session12 Session5
6.Till There Was You
Session6 Session7

最後は、ポーリさんの「マッチョマネー!」をフューチャーして。
7.Can't Buy Me Love
Session8 Session13



「The Thunderbirds」の2nd Stage。ドラムスはセッションタイムではほとんど出ずっぱりだった、リンゴ追分さんが引き続き。3曲目にヒロkiさんがキーボードでサポート参加。
TheThunderbirds2-1 TheThunderbirds2-2 TheThunderbirds2-3
1.Mr. Moonlight[Roy Lee Johnson, Dr. Feelgood and the Interns, 1962]
2.Baby's In Black
TheTHunderbirds2-4 TheThunderbirids2-5 TheThunderbirds2-6
3.Lovely Rita
4.I'm A Loser
TheThunderbirds2-7 The Thunderbirds2-8 TheThunderbirds2-9
リンゴ役の、リンゴ追分さんのボーカルで。
5.What's Gose On(消えた恋)
The Thunderbirds2-10
6.I'll Cry Instead(僕が泣く)
7.This Boy(こいつ~~ぅ)


そして、オーラスは恒例の…

ジョジ丸さんプレゼンツ、バースディ・セッション!Beaカラメンバーはもちろん、参加者のほとんどがステージに移動した為、客席には数名しか残りませんでした(爆)。
BirthdaySession1 BirthdaySession2 BirthdaySession3
BirthdaySession4 BirthdaySession5 BirthdaySession6

こんな感じです(笑)。




さて、今後の「カエルBEAT!」の予定は…
10月9日(土)ジョンの誕生日。スペシャルゲストは群馬より遠征、「World’s End」の皆さんです。更に、11月は20日(土)です。皆さん奮ってご参加、ご検討宜しくお願いしま~~す!!


(写真撮影&提供:ジョジ丸さん、magpieさん、タエピーさん、琉月さん。ありがとうございました!)
スポンサーサイト
コメント
再びmamoさんへ

いやぁ…その日は資格試験の前日だったため、泣く泣く断念いたしました(汗)。

これに懲りずに、また告知していただければ幸いです!
2010/11/18(木) 09:25:54 | URL | かんがるう #3mus0lWM[ 編集]
レトロボックスがライヴを...
かんがるうさん、わざわざコメントありがとう
ございます。

ところで、ここで朗報(?)があります。

長らく、ライヴ活動から遠ざかっていたヲンキーズ
改めレトロボックスが久々にライヴを行います。
よろしかったら、いらしてください、
ますます節操のない選曲となってパワーアップ(?)したバンドに、ご期待ください(笑)。

日時 11月13日 土曜日 19:30~
場所 佐久市レイバン(ちょっと遠いですが...。)
料金 ¥1,000
2010/10/31(日) 14:28:44 | URL | mamo #-[ 編集]
mamoさんへ

ホントにお久しぶりです。わざわざコメントいただきありがとうございます。

SPPPTボーカルのmagpieさんが、筋金入りのポールファンでして、ビートルズより解散後のウイングス~ソロのほうが詳しいという凄い人(笑)。

そのうちワイルドライフの曲もやってくれることでしょう。


カエルBEAT!は毎月開催していますので、都合の良い時にでも是非遊びに来てください!
2010/10/27(水) 09:42:52 | URL | かんがるう #3mus0lWM[ 編集]

 こんばんは、お久しぶりです。
元Wonkeesのmamoです。

 またしても、こ、こんなおいしいことしてたのを、
かんがるうさんのブログで知った次第。

 相変わらず城男さん、情報くれないんすよ...。
単に忘れてるだけだと思いますが(笑)。

 それにしても、観たかったな~SPPPT!
愛しのヘレンから、ジュニアーズ・ファーム、
極めつけは、やっぱ「エジプト精神」...!。
 ホント、「ほどがある」って感じですよ。

 常々観たいと思ってるんですが、
今後の予定の日も、ダメみたいです...。

 次回は「ワイルド・ライフ」から....
なんて期待してます(知名度低すぎ?)。
2010/10/16(土) 21:15:41 | URL | mamo #-[ 編集]
magpieさんへ

いやぁ、誰でも出来ますって。手間と暇さえ惜しまなければ(笑)。文章部分の内容は大したこと無いですし(汗)。

けんけんエキサイティング・バンドのボーカル頑張って下さい。そう言うわしも、城男PPでジョンソロの難題が…
2010/10/06(水) 15:37:17 | URL | かんがるう #3mus0lWM[ 編集]

前編後編合わせて11時間ものイベントをレポできるのはやはりアナタだけです。
ありがとうございました(^^ )

さてさて今月のカエルでは私がなんとヘビメタに参加。
ギラギラ(?)できるかわかりませんが、ガンバルのでよろしく~!
2010/10/06(水) 00:59:58 | URL | magpie #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://midnightkangaroojr.blog15.fc2.com/tb.php/89-0b0c7f8e
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。